血糖値を下げる青汁?食前に青汁を飲むと血糖値は本当に下がるのかの実験

血糖値と切り離せないのが「難消化性デキストリン」!難消化性デキストリンが入った青汁(機能性表示食品)を紹介します。
MENU

このページでは、血糖値のコントロールを助けてくれる機能性表示食品について詳しく紹介しています。

 

  • 「健康診断で血糖値の数値が高かった」
  • 「手軽に血糖値のコントロールが出来るものを探している」

 

といった方の参考になれば幸いです。

注目の食物繊維「難消化性デキストリン」!

もしもあなたが、以下のことにいくつか心当たりがあったら、血糖値の心配をした方がいいかもしれません。

  • 脂肪や糖の多い食事が多い
  • 野菜不足など栄養が偏っている
  • ついつい食べ過ぎる
  • 飲み会外食が多い
  • 運動不足である

血糖値の心配と言われても、具体的にはどうしたらよいのでしょうか?

 

それはやはり、毎日栄養バランスのとれた食事をする、ということにつきると思います。

 

とはいえ、1日3食の食事をきちんとバランスよく摂るというのはなかなか難しいですよね。

 

そんな時に役に立つのが、血糖値を下げるお手伝いをしてくれる食品を利用するという方法です。

 

中でも、今話題になっているのが、血糖値や中性脂肪をコントロールしてくれる青汁です。

 

カギを握るのが「難消化性デキストリン」。

 

難消化性デキストリンとは、食物繊維の一種です。

 

難消化性デキストリンは、食事に含まれる脂肪と糖に働きかけ、食後に上がる血糖値と中性脂肪を抑える働きをします。

 

そんなスゴイ機能を持つ難消化性デキストリンが配合された青汁を、毎日摂り続けることで、血糖値や中性脂肪を抑えることが出来るというわけです。

 

難消化性デキストリン配合の青汁は、さまざまなところから発売になっています。

 

そして、それぞれが「特定保健用食品」や「機能性表示食品」といった、科学的根拠に基づいた機能性をアピールしているものばかりです。

 

数ある青汁の中から、私の個人推しですがおススメのものを紹介したいと思います。

 

また、気になる青汁がいくつも見つかったなら、それぞれを購入してみるのもいいかもしれませんね。

 

実際に飲んでみて、飲み心地や使い勝手や体の変化など、いろいろ比較してみた上でベストな青汁を見つけるといいでしょう。

血糖値青汁第1位 森永製菓おいしい青汁
おいしい青汁 おいしい青汁の特徴は、

 

  • 機能性表示食品・届出番号B536
  • 1本に難消化デキストリン(食物繊維)を5.0g配合
  • 3つの機能性で効果を発揮
  • 定期コース回数の縛りなし
  • 定期コースいつでも休止・変更OK
  • 2回目以降ずっと5466円(税込)
  • 飲みやすい紙パック飲料
  • モニターアンケートで85%が高評価

といった感じです。

 

※【原材料名】野菜汁(にんじん、ケール、青シソ、ブロッコリー、あしたば、セロリ、クレソン、キャベツ、パセリ)、リンゴ果汁、難消化性デキストリン(食物繊維)/乳酸、クチナシ青色素、ベニバナ黄色素
【栄養成分表示1本(125ml)当り】エネルギー:48kcal、タンパク質:0g、脂質:0g、炭水化物:14.9g(糖質:9.3g、食物繊維:5.6g)食塩相当量:0〜0.1g

価格 容量 評価
通常6075円⇒初回限定4860円(税込)送料無料 1ケース30本入 血糖値を下げる青汁

血糖値青汁第1位 森永製菓おいしい青汁の総評

おいしい青汁は、「脂肪の吸収を抑え排出を増やす」「糖の吸収をおだやかにする」「お腹の調子を整える」の3つの働きをする青汁です。

 

国産の野菜と果物のみで作られており、砂糖・食塩・香料・保存料は一切使われていないところが安心できますね。

 

食事の際に、美味しい青汁を一日1本飲むだけで不足しがちな野菜や食物繊維が摂れるので、気軽に続けられる所が魅力だと思います。

 

   

血糖値青汁第2位 厳選青汁Premium
厳選青汁Premium 厳選青汁プレミアムの特徴は、

 

  • 機能性表示食品・・届出番号B480
  • 難消化性デキストリン(食物繊維)配合
  • 国産の無農薬大麦若葉使用
  • 甘味料・酸味料・香料・着色料不使用
  • 定期コースいつでも変更・停止OK
  • お試し1箱購入5000円(税抜)
  • 持ち運びに便利な粉末スティックタイプ

といった感じです。

 

※【原材料名】難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)、大麦若葉末、抹茶
【栄養成分表示(1袋7.7gあたり)】エネルギー:16.9kcal、タンパク質:0.3g、脂質:0.05g、炭水化物:7.0g(糖質:0.6g、食物繊維:6.4g)、食塩相当量:0.002g

価格 容量 評価
定期コース3900円(税抜)送料代引手数料無料 1箱20袋入 血糖値を下げる青汁

血糖値青汁第2位 厳選青汁Premiumの総評

厳選青汁プレミアムは、青汁マイスター協会から「安全安心な原料を使用し、厳しい品質基準をクリアした青汁」として認定されています。

 

よくある粉末の青汁とは違い、サラサラしていて溶けやすいので粉っぽさがないところが魅力です。

 

粉末タイプなので、水や牛乳はもちろん、デザートやスープに入れたりと様々な楽しみ方が出来ますね。

 

   

血糖値青汁第3位 大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁
ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>の特徴は、

 

  • 特定保健用食品
  • 「有機JAS」認定の九州産大麦若葉を採用
  • 飲みやすくするための抹茶を配合
  • 特許製法「超微粉砕製法」で素材を丸ごと粉砕
  • 1回のみ購入4104円(税込)
  • 持ち運びしやすい粉末分包タイプ

といった感じです。

 

※【原材料名】水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、大麦若葉末、抹茶、緑茶抽出物
【成分分析表(1袋6.8gあたり)】熱量:8.9kcal、たんぱく質:0.14g、脂質:0.0〜0.1g、糖質:0.2〜0.5g、食物繊維:5.9g、ナトリウム:0〜1mg/関与成分:難消化性デキストリン(食物繊維として):5.1g

価格 容量 評価
定期コース3694円(税込)送料無料 30袋入 血糖値を下げる青汁

血糖値青汁第3位 大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁の総評

大正製薬から数種類発売になっている青汁の中でも、特に食後の血糖値が気になる人向けの青汁です。

 

特許製法で、素材の栄養素を余すことなく摂れるように作られているところが魅力です。

 

粉末タイプなので、携帯に便利なところがいいですね。

 

   

私が個人的に一番おすすめなのは1位の森永製菓【おいしい青汁】

これまで血糖値を下げるサポートをしてくれる青汁をいくつか紹介してきましたが、私が一番おすすめなのはやっぱり「森永製菓のおいしい青汁」です。

 

青汁というと、粉っぽくて青臭いイメージがありますが、「おいしい青汁」は国産の野菜と果物で作られた飲料タイプなので、ダマにもならず飲みやすいところが魅力です。

 

1日1本、食事の際にこれを飲むことで、脂肪の吸収を抑え糖の吸収を穏やかにしてくれる手軽さが嬉しいですね。

 

お試しサイズというものは無いですが、定期お届け便には何回購入しなければならないといった縛りがありません。

 

もしも、途中でお休みや変更をしたい場合でも、ホームページや電話で簡単に変更できるところも魅力です。

 

ですから、とりあえずお試し感覚で始めやすいんじゃないでしょうか。

 

また、定期コースを始めることで、森永製菓の通販サイト「森永製菓オンラインショップ」の他の商品が10%割引で購入することが出来ます。

 

青汁以外にも気になる健康食品が見つかったら、そちらもお得に購入できるところは嬉しいですね。

 

溶かす手間の要らないところや、飽きの来ない味、いつでも辞められる気軽さなど総合的に判断して「美味しい青汁」がダントツの1位です。

このページの先頭へ